京都府のです。債務整理相談・おすすめ法律事務所。

京都府の法律事務所

借金問題は解決するのが難しいものの、なかなか人には相談しずらい悩みの一つ。なんとかしたいと思っていても、どうすればよいのかわからない…そんな時に相談できる強い味方が「司法書士」と「弁護士」です。
司法書士や弁護士に依頼すると「債権者からの取立を停止させる」「正規利率によって賃借を計算し直すことで債務残高が少なくなる可能性がある」「司法書士や弁護士による債権者への過払い金返還の代理請求が可能」といった、さまざまなメリットがあります。
ただ一つ注意しなければいけないのは、司法書士と弁護士は全く別物ということ。どちらも法律に関する仕事で混同されやすいのですが、実は業務内容など異なる点が多いため、それぞれの特徴を知った上で相談しなければなりません。ここでは京都府の司法書士と弁護士についてご説明していきます。

司法書士

司法書士は司法書士法に基づき様々な業務を行いますが、主に不動産や会社・法人の登記手続き、法務局や裁判所・検察庁に提出する書類の作成、供託の手続きなどを行っています。この他にもたくさんの業務をこなしていますが、その中には「債務整理」も含まれています。(ただし行えるのは認定司法書士のみ)
しかし、司法書士による債務整理にはいくつかの制限があるため、場合によっては司法書士に依頼できないこともあります。
まず、司法書士の行う債務整理には金額の上限があり、「債務金額(借金や過払い金)が140万円以下の場合のみ」とされています。この上限金額には注意が必要で、140万円という金額は「個別の債権(借金)ごとの金額」を指しています。例えばA社から100万円、B社から100万円借金していたとすると、総額は合わせて200万円ですが、それぞれ別の会社から借りた借金なので、100万円ずつの個別の債権(借金)とみなされます。その結果、司法書士でも債務整理が可能になります。
さらに自己破産や個人再生時を希望する場合、司法書士にできるのは裁判所への書類作成までとなっており、依頼者に代わり申立をすることができません。書類作成後の手続きは全て依頼者本人が行わなければならなくなります。
このように債務整理に関して業務上の制約が多い司法書士ですが「済んでいる地域に弁護士がいない」「費用が合わない」など、さまざまな理由から弁護士に依頼できない時、司法書士に相談することで解決できる場合もあります。
また司法書士が増加する一方、資格を持たずに司法書士業務を行う「ニセ司法書士」による被害の報告も増えているんだとか。
「司法書士会に加入している正規の司法書士か」「親身に相談にのってくれるか」「費用が適切な金額か」など、司法書士への依頼は慎重に、よく確認してから決めるようにしましょう。
ではこれらを踏まえた上で、債務整理を司法書士にお願いする時はどうすればいいのでしょう?司法書士を探すといってもどうやって探せばいいのかわからない、そんな時に頼りになるのが「司法書士会」です。司法書士会は各都道府県ごとに1つずつ設置(北海道のみ4つ)された団体で、日本の司法書士事務所は司法書士会への入会が義務付けられています。各司法書士会は、司法書士の監督・指導などを行う組織で、問い合わせすれば無料相談窓口や地域の司法書士を紹介してくれます。京都府には「京都司法書士会」があります。

京都司法書士会

京都司法書士会は「市民に寄り添う法律家」として、さまざまな法律問題に取り組んでいます。法律相談にも力を入れており、京都司法書士会館で常時実施される「無料相談」や、法テラスの「民事法律扶助」制度を利用した相談も可能です。
また、司法書士会館まで遠くて行けないという方のために「あなたの街でも法律相談」と題し、京都府内の各市役所・福祉センターなどでも法律相談を実施。丹後地区や舞鶴市などの京都北部から、京田辺市、南山城村などの京都南部まで、京都府内全域をカバーしています。他にも昼間や平日に相談に来れない方向けには、夜間相談や土・日相談も行われるなど、相談窓口が充実しています。

(各種相談について詳しくはこちら:http://siho-syosi.jp/soudan/center.htm

【住所】〒604-0973 京都市中京区柳馬場通夷川上ル五丁目232番地の1
【電話番号】075-241-2666
【ホームページ】http://siho-syosi.jp

弁護士会

弁護士はあらゆる法律問題を扱うことができ、債務整理の際も金額の上限や業務の制限などがありません。借金問題に関しても、状況に応じた幅広い対応が可能で、さまざまな相談や交渉・訴訟等を行うことができます。こういった「業務の幅」が、弁護士と司法書士との違いでしょう。
このように広範囲に対応してもらえることを考えれば、債務整理も弁護士に頼めばいいように思えますが、なかなか相談に行けないというのが実状のようです。その大きな理由の一つとして「弁護士費用」が挙げられます。昔から弁護士費用は「高い」というイメージが強く、「借金で苦しんでいるのに高額な費用なんて払えない」と、弁護士への相談をためらってしまうのです。
しかし「弁護士費用=高い」というのは間違った先入観で、実際の弁護士費用はそれほど高くありません。弁護士費用というのは「相談料」「着手金」「報酬金」の3つの費用を指し、それぞれの金額に業界内での大まかな目安があります。ただし現在、弁護士費用は各弁護士事務所が定めた基準に沿って、弁護士自身が決めることになっており、同じような相談内容でも弁護士事務所によって金額が違う場合もあります。
弁護士事務所によって若干の違いはあるかもしれませんが、どの事務所も『相談料無料』『着手金無料』といった、費用を抑え、依頼者の負担を軽くする努力をしています。費用のことも含め、まずは相談してみましょう。
次に弁護士への相談を考えた時、誰もが悩まされるのが「弁護士をどうやって探すか」ということ。昔と比べ、どんどん増えている弁護士人口ですが、一般人にはあまりなじみがない職業のため、どこで弁護士を探せばいいのかわからない方もいるのでは?
もし弁護士探しに困った時は、お近くの「弁護士会」に問い合わせするのが一番です。弁護士会は司法書士会のように各都道府県に1つずつ設置されている団体で、日本国内の弁護士は全て「弁護士会」へ入会しなければなりません。弁護士会に問い合わせすれば、弁護士の紹介や状況に応じた相談窓口を案内してくれます。
京都府の弁護士は「京都弁護士会」に所属しています。

京都弁護士会

京都弁護士会は、会員数(弁護士数)から考えると中規模クラスの会ですが、都市部の大規模な弁護士会に引けを取らない積極性で、あらゆる問題に取り組んでいます。市民に開かれた弁護士会を目指し「いつでも、どこでも、だれでも」法律相談が受けられるよう、様々な相談窓口を設けています。
京都府内12か所にある「法律相談センター」では各種法律相談を随時開催。債務整理など借金問題に関する相談は、面談形式と電話相談のどちらかが選べ、どちらも初回に限り無料で相談できます。また「女性弁護士による女性のための無料電話相談」も実施されており、男性弁護士への相談に抵抗があるという女性にはぴったりです(対象は女性のみ)。

(法律相談について詳しくはこちら:https://www.kyotoben.or.jp/soudantop.cfm

【住所】〒604-0971 京都市中京区富小路通丸太町下ル 京都弁護士会館
【電話番号】075-231-2378
【ホームページ】https://www.kyotoben.or.jp/

京都府の法律事務所 一覧

4 件みつかりました。

広告

お金がなくても債務整理できます!

まずは相談無料の法律事務所にご相談ください。
おすすめの債務整理・相談無料の法律事務所はこちら

【ご注意!】下記に当てはまる方は相談いただいても解決できない場合があります。

  • 個人間の借金の場合。
  • ご本人以外からの相談。
  • 差し押さえ解除だけのご相談。
  • 税金滞納などのご相談。
  • 法テラスや他の事務所に依頼中の方。
PageTop