「任意整理が安い」という弁護士費用の実態を暴露 (更新日: 

【PR】
ホントに安い?

「任意整理が安い」「債務整理整理が安い」「費用の心配なし」などと謳う弁護士事務所などに注意して下さい。
広告を多く出して集客する事務所はビジネス志向で「相談無料」「着手金無料」などと手数料を安く見せかけているものの、実際には相場よりも高くなる傾向にあります。

着手金が無料でも基本報酬が高かったり、事務手数料などの高額な独自項目が設定されていたり、減額報酬がなかったと思ったら最低金額が設定されていたり。
債務整理の手数料は名目が多く、一見安く見えても実際にかかる総額は高くなることもあるため、総額の見積もりでどの事務所が安くなるか確認する必要があります。

任意整理などの債務整理費用(手数料)が安い事務所の一つの特徴は、広告をあまり出していない小規模な事務所であることが多く、ホームページも地味であまり目立ちません。
ここでは、任意整理の安い事務所の選び方と注意点などをご紹介します。

弁護士と司法書士、任意整理はどちらが安い?

債務整理は弁護士と司法書士が代行できます。
任意整理などの債務整理費用(手数料)は昔は自由に設定できていましたが、現在では過去に不適切な勧誘や報酬の請求をした弁護士があったために、2011年に日本弁護連合会によって「債務整理事件処理の規律を定める規程」として、弁護士による債務整理報酬(手数料)の上限が定められました。

また、日本司法書士会連合会による「債務整理事件における報酬に関する指針」でも、司法書士による債務整理報酬(手数料)の上限が定められています。

では、債務整理の手数料は弁護士と司法書士のどちらに依頼する方が安く済むでしょうか?

弁護士であれば日本弁護連合会による「債務整理事件処理の規律を定める規程
司法書士であれば日本司法書士会連合会による「債務整理事件における報酬に関する指針
の内容をそれぞれ比較してみましょう。

  弁護士
(債務整理事件処理の規律を定める規程)
司法書士
(債務整理事件における報酬に関する指針)
着手金 上限なし 上限なし
解決報酬金 1社あたり2万円以下が原則。
(商工ローンは5万円以下。)
1社あたり5万円以下が原則。
減額報酬金 減額分の10%以下。 減額分の10%以下。
過払金報酬金 訴訟によらない場合回収額の20%以下。 訴訟による場合回収額の25%以下。 訴訟によらない場合回収額の20%以下。 訴訟による場合回収額の25%以下。

上記の報酬金以外の報酬金の受領は禁止されます。
(※ただし破産事件、民事再生事件などは報酬規制の対象外。)

つまり、解決報酬金に限っては司法書士の方が弁護士よりも高く設定できるため、上記の規定を守っている限りは、司法書士の方が債務整理費用は高くなる可能性がある、ということになります。

また、弁護士は「債務整理事件処理の規律を定める規程」を守らず、日本弁護連合会から懲戒処分を受けてしまうと、事実上弁護士業務が続けられなくなります。

司法書士の「債務整理事件における報酬に関する指針」による債務整理報酬の上限は「あくまで指針として定められているもので拘束されるべき規範とは異なる」という理由から守られていない事務所も多く、弁護士の「債務整理事件処理の規律を定める規程」とは異なり、違反したら罰則があるなどの強制力があるものではありません。

このことから、司法書士事務所に債務整理を依頼する場合は、弁護士事務所よりも高い手数料が設定されている可能性はありますが、実際には 「自己破産時に裁判官による審尋(面談)に同席できないこと」、「140万円を超える案件が扱えないこと」などから、手数料は司法書士の方が、安く設定されることが多いようです。

事務所独自の費用項目や減額報酬に注意

債務整理の費用は一般的に下記になります。

  • 相談料
  • 着手金
  • 基本報酬 (成功報酬)
  • 減額報酬 (成功報酬)
  • 過払い金報酬 (成功報酬)
  • 実費(交通費や裁判所に納める手数料、郵便切手代など実際にかかった費用)

過払い金返還請求が成功しなければ、減額報酬や過払い金報酬が請求されることはありません。

最近では「相談料無料」や「着手金無料」という事務所も増えてきましたが、着手金や基本報酬を安く見せるために、上記以外の独自の名目(「事務手数料」や「管理費用」など)で高額な別途費用を設定している事務所もあります。 交通費や裁判所に納める費用などの実費は仕方ありませんが、しっかり事前に見積もりをとって明細を確認しましょう。

依頼者のことを考えた良心的な事務所は、相談料や着手金は無料ということが多いですが、逆に後から事前説明のない費用を請求をしてくる悪質な事務所もまた、相談料・着手金無料ということもあります。

また、減額報酬に「最低金額」という設定があり、過払い金などによる元金の減額報酬が発生していないにもかかわらず、1社ごとに減額報酬が請求されるので注意が必要です。

減額報酬は債務の元金が減額できた場合にのみ適用され、任意整理などの将来利息をカットできた分については請求されないと各会指針で定めれれています。
(※日本司法書士会連合会「債務整理事件における報酬に関する指針」、日本弁護士連合会「債務整理事件処理の規律を定める規程」)

相談料・着手金無料に惑わされずに減額報酬は元金の減額時のみの請求か、また「最低金額」の設定がないか、その他不明瞭な項目がないか、見積もりでしっかり確認しておきましょう。

借金減額診断は詐欺?ビジネス化する債務整理広告にご注意! 借金減額診断は詐欺?ビジネス化する債務整理広告にご注意!

任意整理費用の相場、手数料金額の目安

任意整理費用の相場、手数料金額の目安はだいたい下記のようになります。

  弁護士の費用相場 司法書士の費用相場 おすすめの事務所の費用
相談料 無料 無料 無料
着手金
(上限なし)
5万円前後
(1社あたり)
2~5万円程度
(1社あたり)
着手金+基本報酬、合算で2万円
(1社あたり)
基本報酬 2~5万円程度
(1社あたり)
2~5万円程度
(1社あたり)
減額報酬 減らした借金の10%以下
(最低2万円)
減らした借金の10%以下 減らした借金の○○%
(最低金額の設定なし)
過払い金報酬 返還額の20%(話し合いで和解)
返還額の25%(訴訟で解決)
(※最低10万円)
返還額の20%(話し合いで和解)
返還額の25%(訴訟で解決)
返還額の20%(話し合いで和解)
返還額の25%(訴訟で解決)

減額報酬は過払い金返還請求などで元金が減額できた場合に発生します。過払い金返還請求をしない場合、任意整理では元金の減額はあり得ないので減額報酬は発生しません。

例えば上記の相場で、2社からの借金100万円を司法書士に任意整理してもらった場合の手数料は下記のようになります。

【過払い金なしの任意整理の場合】

(着手金2万円×2社)+(基本報酬2万円×2社)
8万円

【過払い金50万円を請求できた場合の任意整理の場合】

(着手金2万円×2社)+(基本報酬2万円×2社)
+減額報酬(50万円×10%)
+過払い金報酬(50万円×20%)
23万円

交通費や郵便切手代などの「実費」の項目や上記以外の費用が見積もりにある場合は事前に内容を確認しておきましょう。

事務所ごとの任意整理の費用比較

テレビCMやWEB広告などと頻繁に出しているビジネス志向な事務所は広告費の関係で任意整理などの依頼手数料も比較的高くなります。
また、任意整理は依頼を受ける事務所から見ると、自己破産や個人再生など他の債務整理と比べて、手間が少なく儲かりやすいという裏事情もあり、ビジネス志向な事務所の中には自己破産や個人再生をした方がいい人でも任意整理を薦めてくる事務所もあるかもしれません。

では実際に、WEB広告を積極的に出している事務所と広告をあまり見かけない事務所の手数料を比較してみましょう。

鈴木司法書士事務所

東京都新宿区の鈴木司法書士事務所はインターネットではあまり広告を見かけません。

任意整理手数料は、着手金、基本報酬ともに1社11,000円~とリーズナブルです。

ただし、過払い金を調査するだけなら無料ですが、過払い金を回収した場合、33,000円+回収額の22%が必要です。
過払い金回収手数料だけ見ると、他事務所よりも少し高めですが、過払い金があるケースはほとんどないので、あまり気にする必要はありません。

(※過払い金が発生し返還請求できる人が少なくなっている理由についてはこちらをご確認ください。)

減額報酬の最低金額の設定もなく、手数料総額はかなりリーズナブルです。

同名の事務所が全国にあるためクチコミを調べる場合は注意が必要ですが、信憑性のある悪いクチコミは特に見つかりません。
債務整理は全国対応なので、一度見積もりを取って確認してみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 11,000円~
(/1社)
11,000円~
(/1社)
回収額の22%+33,000円
(※訴訟の場合は回収額の27.5%+33,000円)
11%  

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)、自己破産の費用についてはお問い合わせ下さい。

鈴木司法書士事務所へのご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

鈴木司法書士事務所の減額診断はこちら

ひろた法律事務所

大阪市北区のひろた法律事務所はインターネットではあまり広告を見かけませんが、法律事務所の割にとてもリーズナブルな料金体系でオススメです。

2002年に設立し実績も長く安心です。

着手金は11,000円~で、任意整理手数料は基本報酬1社11,000円~となっています。

ただし、着手金も基本報酬も「~」となっており、借金額によっては手数料が若干高くなる可能性もあるので、まずは借入状況を相談して見積もりを確認してみてください。

減額報酬の最低金額の設定はなく、手数料総額は比較的安くなる場合があります。

「対応が良い」という評価も多く、信憑性のある悪いクチコミは特に見つかりません。
債務整理は全国対応なので、一度見積もりを取って確認してみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 11,000円~
(/1社)
11,000円~
(/1社)
回収金額の22%
(※訴訟の場合は27.5%)
11%  

分割払い可、全国対応、休日不可。

個人再生(民事再生)
住宅特無 400,000円(税別)
住宅特有 600,000円(税別)

自己破産
同時廃止 300,000円(税別)
管財事件 500,000円(税別)

ひろた法律事務所へのご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

ひろた法律事務所の減額診断はこちら

渋谷法務総合事務所

インターネットであまり広告を見ない司法書士渋谷法務総合事務所は着手金が1社22,000円~のみと、とてもシンプルな料金体系です。

基本報酬は着手金に含まれるため基本的に必要ありません。

ただし、着手金が22,000円「~」となっており、借金額によっては手数料が若干高くなる可能性もあるので、まずは見積もりで確認してみてください。

減額報酬の最低金額の設定はなく、手数料総額はかなり安くなると思います。

親身になって相談にのってくれる、気さくで相談がしやすいなどと良い評価も多く、信憑性のある悪いクチコミも特に見つかりません。
債務整理は全国対応なので、一度見積もりを取って確認してみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 20,000円~
(/1社)
0円 回収金額の22%
(※訴訟の場合は27.5%、別途実費)
11% 送金管理費:1社につき月1,100円/回

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)、自己破産の費用についてはお問い合わせ下さい。

渋谷法務総合事務所へのご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

渋谷法務総合事務所の減額診断はこちら

司法書士法人リーガルリリーフ

司法書士法人 リーガルリリーフはインターネットではあまり広告を見かけません。

着手金は20,000円~(/1社)ですが、任意整理の基本報酬は別途設定されてません。

ただし、着手金が22,000円「~」となっており、借金額によっては手数料が若干高くなる可能性もあるので、まずは借入状況を相談して見積もりを確認してみてください。

減額報酬の最低金額の設定はなく、手数料総額は比較的安くなる場合があります。

リーガルリリーフは2020年10月に設立した比較的新しい事務所なので、信憑性のある悪いクチコミは特に見つかりません。
債務整理は全国対応なので、一度見積もりを取って確認してみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 22,000円~
(/1社)
0円 回収金額の22%
(※訴訟の場合は27.5%)
10% 送金管理費:1社につき月1,000円/回
通信費:5,000円

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)、自己破産の費用についてはお問い合わせ下さい。

司法書士法人リーガルリリーフへのご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

司法書士法人リーガルリリーフの減額診断はこちら

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所もインターネットで積極的に広告をしており、闇金対応を得意としています。
一般的には、闇金は弁護士事務所も司法書士事務所も対応不可なのでとても珍しい事務所です。
しかし違法な闇金からの借金は、基本的に利息も元金も返済義務はなく、違法な取立てに遭った場合、まずは警察に相談することが先決です。

もちろんヤミ金以外の金融機関の債務整理も対応しています。ウイズユー司法書士事務所の任意整理手数料は幅があり、最低が11,000円~となっているので借入業者が多い方は他事務所よりも手数料が安くなる可能性があります。
着手金も無料、減額報酬の最低金額も設けられてないので一度相談して見積もりを取って見て下さい。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 0円 11,000円~110,000円
(/1社)
回収金額の20%+11,000円(/1社) なし  

分割払い可、全国対応、休日対応。

【個人再生(民事再生)】
住宅ローン特則なし 528,000円(税込)~
住宅ローン特則あり 583,000円(税込)~
※予納金、申立印紙代が別途必要となります。

【自己破産】
473,000円(税込)~
※管財事件の場合:別途55,000円(税込)~
※予納金、申立印紙代、管財事件の場合は管財人報酬(200,000円~)が別途必要となります。

ウイズユー司法書士事務所のご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

ウイズユー司法書士事務所の減額診断はこちら

はたの法務事務所

はたの法務事務所はインターネットではとても積極的に広告をしており、「債務整理 オススメ」や「借金相談 オススメ」などのキーワードで検索して上位に表示されるWEBサイトでは、必ず掲載されているでしょう。

東京に事務所がある、はたの法務事務所は2020年3月に大阪にも支店ができ、ますます便利になりました。

債務整理の相談や依頼は全国無料対応、出張もしてくれるので、どこの地域にお住まいの方でも気軽に相談できます。

相談実績20万件以上のはたの法務事務所は、リーズナブルな手数料を謳っていますが、WEB広告を積極的に利用しており、借金額によっては手数料が高くなる可能性もあります。
まずは借入状況を相談して見積もりを確認してみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 0円 22,000円~
(/1社)
返還された金額の22%
(※10万円以下の場合は14%)
11% 別途計算費用1万円

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)
報酬385,000円~
(※再生委員に支払う費用としてプラス220,000円~)

自己破産
報酬330,000円~
(※但し少額管財事件はプラス220,000円~)

はたの法務事務所のHPはこちら

司法書士法人穂(旧:司法書士法人かなめ総合法務事務所)

司法書士法人 穂(ほのか)はインターネットではあまり広告を見かけません。

着手金無料で、任意整理手数料は基本報酬1社22,000円~のみとシンプルな料金体系ですが、借金額によっては手数料はかなり変わるようです。

減額報酬の最低金額の設定はなく、借金額が少ない方は比較的安くなる場合があります。

ただし、基本報酬とは別に顧客管理手数料44,000円(税込)が必要です。

「対応が良い」という評価も多く、信憑性のある悪いクチコミは特に見あたりません。
債務整理は全国対応なので、一度見積もりを取ってみてください。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 0円 22,000円~
(/1社)
回収金額の22%
(※訴訟の場合は27.5%、別途実費)
11% 顧客管理手数料44,000円

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)、自己破産の費用についてはお問い合わせ下さい。

司法書士法人穂へのご相談は、下のリンク先の借金減額診断からお問い合わせください。

司法書士法人穂の減額診断はこちら

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所もインターネット広告は比較的多く、検索エンジンで検索したり、債務整理系のWEBサイトではよく目にするでしょう。

基本報酬が1社22,000円と弁護士事務所の中では低価格ですが、別途着手金22,000円が必要です。

弁護士事務所の中ではリーズナブルな方ですが、着手金も1社ごとにかかるため、複数社から低額ずつ借入している方にとっては、手数料が高くなるかもしれません。

相談料 着手金 任意整理の基本報酬 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
何回でも無料 22,000円
(/1社)
22,000円
(/1社)
22%
(※訴訟の場合は27.5%)
11% 別途諸費用5,500円

(※1・・・個人再生、自己破産は来所が必要)

分割払い可、全国対応、休日対応。

個人再生(民事再生)
着手金330,000円、報酬330,000円、
(※諸費用 ¥55,000、住宅ローン特則有 ¥110,000)

自己破産
着手金220,000円、報酬220,000円
(※諸費用 ¥55,000、管財人引継予納金 ¥200,000~)

東京ロータス法律事務所のHPはこちら

法テラスを利用

日本司法支援センター(通称「法テラス」とは、総合法律支援法に基づいて国が設立した、法律のことを無料で相談できる機関です。

任意整理などの借金の相談も受け付けており、債務整理する場合には弁護士を紹介され、債務整理手数料は法テラス(国)が立て替えます。

債務整理手数料の毎月の返済額は0.5~1万円程度になります。
(※ただし、債務整理手数料の分割払いは弁護士事務所などでも対応していることが多いです。)

相談料 着手金 任意整理の実費 過払い金返還報酬 減額報酬 その他費用
無料
(※1つの問題につき3回まで)
33,000円(/1社)
49,500円(/2社)
66,000円(/3社)
88,000円(/4社)
110,000円(/5社)
154,000円(/6~10社)
176,000円(/11~20社)
198,000円(/21社以上)
10,000円(/1社)
15,000円(/2社)
20,000円(/3社)
20,000円(/4社)
25,000円(/5社)
25,000円(/6~10社)
30,000円(/11~20社)
35,000円(/21社以上)
回収した金額の15% なし  

分割払い可、全国対応、休日不可。

<個人再生(民事再生)>
司法書士の場合は着手金110,000円、実費20,000円
弁護士の場合は着手金165,000~330,000円~280,761円、実費35,000円

<自己破産>
司法書士の場合は着手金88,000円、実費17,000円
弁護士の場合は着手金132,900~280,761円、実費23,000円

ただし、法テラスに依頼する場合は無料相談をしてから民事法律扶助を申し込み、利用条件を満たすかの審査を受けなければいけません。
混み具合にもよりますが、任意整理手続きは開始されるまで相談から2週間程度かかります。

法テラスを利用するためには、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  • 本人と配偶者の月収が基準以下であること。
  • 本人と配偶者の保有資産の合計額が基準以下であること。
  • 民事法律扶助の趣旨に適すること。

また、日本に住所がない方や適法な在留資格のない外国人、法人・組合等の団体も利用できません。

法テラスの利用については、条件が厳しく役に立たない人もいるので下記の記事もご確認ください。

法テラスが役に立たない人は?まず収入要件や資力要件を確認。 法テラスが役に立たない人は?まず収入要件や資力要件を確認。

任意整理の手数料を無料にする方法!?

弁護士事務所、司法書士事務所ともに任意整理の手数料の相場は1社5万円以上(/1社)、法テラスを利用しても、4万円強(/1社)かかります。

しかし、財団法人日本クレジットカウンセリング協会を利用すれば、相談はもちろん債権者の交渉から弁済計画の締結から履行まで、任意整理であれば無料で行ってくれます。
同協会は国の金融庁、経済産業省の指導、監督の下、1987年に設立された内閣府認定の財団法人ですので、決して怪しい団体などではありません。

ただし相談は複数回に及び、来所での面談が必須なので、実際に任意整理が開始されるまでには多少時間がかかります。
また、利用するためには条件があるので、詳しくは下記のページをご確認ください。

任意整理費用が無料の日本クレジットカウンセリング協会の評判は? 任意整理費用が無料の日本クレジットカウンセリング協会の評判は?

まずは事前に見積もりをとりましょう

日本クレジットカウンセリング協会で任意整理しない場合は、法テラスよりも安い事務所で、 まずは事前に見積もりをとって、債務整理費用(手数料)の総額を確認しておくことをオススメします。

減額報酬なし(または最低金額設定なし)で、着手金も無料、手数料総額が安く済む事務所が運営する借金減額シミュレーターを こちらのページで紹介 していますので、試してみてください。

(※本ページはプロモーションが含まれています。)

誰でも減額できる訳ではありません

まずは匿名で診断、どれくらい借金が減額可能か確認して下さい。
減額診断はこちら

債務整理手数料の安い事務所に無料で診断OR相談できます。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事