借金返済がキツイと感じたら。。借金地獄になる前にやるべきこと。 - 借金問題について考える「サイムzero」

借金返済がキツイと感じたら。。借金地獄になる前にやるべきこと。

借金返済がキツイと感じたら。。借金地獄になる前にやるべきこと。

もともと借金癖がある人は借金を返すために借金を繰り返して多重債務に陥り返済がきつくなってしまう・・
こんな人は、まず借金を「借金して解決する」という考え方を治す必要がありますが、

最初は返していけると思っていたのに、
事故や病気、失業などで返せなくなった。。
知人に騙されて借金を背負ってしまった。。

など、自分が悪いわけではないのに、借金地獄に陥ってしまう人が最近増えています。

借金返済がキツイ、苦しい、、
と感じたら、借金地獄に陥いる前になるべく早く対処する必要があります。

期日までに借金の返済ができないからといって、間違っても借金を返済するために、新たな借金で乗り切ってはいけません。

その場しのぎの追加借入は今後多重債務に陥り、返済がどんどんきつくなっていきます。

またギャンブルや投資など、入ってくるか分からない不確実な収入はあてにしてはいけません。

ここでは「借金返済がキツイ」と感じている方へ、今すぐ確認してほしいことをご紹介していきます。

支出を減らす

借金がきついと感じている人は、毎月の借金の返済額に対して収入が低い(低くなった)ことが挙げられます。

収入が十分ないのに、毎月の返済額が多いと、ケガや病気、お祝いなど思わぬ臨時出費があった時には途端にきつくなります。

そんな人は毎月滞りなく借金を返済していけるように、もう少し支出を減らせないか確認してみましょう。

支出を減らすには、普段の生活での使用頻度の高い物を優先的に節約すると効果的です。

例えば、食料品や化粧品、掃除用品、交際費などです。

食料品を買うことは生きていくために必要です。
しかし、購入している食料品は全て毎日食べる「必要」があるものか、もう一度確認してみてください。

お酒やタバコ、ジュース、果物、スイーツ、お菓子など、生きるために必要のない食べ物に一ヶ月にどれくらいのお金を使っているか確認してみましょう。

また、お米やパンなど毎日といっていい程食べるものは、少しでも安い店を見つけて、まとめ買いなどしてお得に購入するようにしてください。

化粧品やお掃除用品なども、凝りだしたらきりがありません。

毎日当たり前のように使っていると何となく「必要」と思いがちですが、そのファンデーションでないとダメでしょうか?
その整髪料は必要でしょうか?
洗剤をつけて掃除する必要が「毎日」あるでしょうか?

身だしなみや家を掃除していつもキレイにしておくことは大切です。
しかし、お金がない時はもう一度、「今あなたにとって必要」かどうか、回数や量を減らしてもう少し節約できないか考えてみてください。

人と会うことで、お金をよく使ってしまう人は、不要不急の外出を減らしたり、お金を使わない場所で会うようにしたりすることでも、かなり節約が可能です。
例えば、カフェで会う約束をするのではなく、スカイプなどのオンライン会議を利用したり、公園を利用するなど。

タバコや飲酒、外食などは我慢できなければ、まずは回数を減らしたり、安い店やメニュー、商品に変えるなどを検討してください。

普段から当たり前のように使用している生活品や食材など、いろいろ我慢できる物は結構あるものです。
ブルーレットなどの置き型のトイレ用洗剤やクイックルワイパーなどの使い捨て掃除用品に頼らないようにしたり、味付け海苔やふりかけ、お漬物、調味料なども無意識に無駄に使っている家庭が多いものです。

利息分のみ支払う

借金返済がきつくても、絶対に滞納してはいけません。

カードローンを滞納すると、通常利息よりも高い遅延損害金(年率20%)が発生し、支払い金額が増えてしまいます。

また、カードローンを2~3ヶ月滞納してしまうとブラックリストに載ってしまい、ローンを全額返済しても一定期間(1~5年)、ブラックリストに掲載され続けます。

滞納してブラックリストに載ってしまうと、新たなローンやカードが作れなくなるので、まずは滞納しないことを優先に考えてください。

もし期日までに支払いができないようであれば、金融機関に利息分のみの支払いにしてもらえないか、支払い期日までに相談してみてください。

金融機関などの債権者は、債務者に債務整理されると困るので、利息分のみの支払いや返済期間の調整などに応じてくれる可能性は高いです。

ローンを1本にまとめる

複数社から借入している方は、借金の借入先を1本化できないか検討してください。

現状より利息が安くできたり、多少利息が上がっても返済期間を延ばすことで毎月の返済額が少なくできるようであれば、ローンを1本化(おまとめローン)しましょう。

借金でお困りの方は、おまとめローンへの借り換えであっても、既に審査が通りにくくなっていると思います。

銀行系は審査が比較的厳しいこともあるので、銀行系と同時に消費者金融系も審査してもらいましょう。

金利は消費者金融よりも銀行系の方が安いと思われがちですが、最近では銀行系に近い金利を設定する消費者金融もあったり、逆に審査結果によっては銀行系でも消費者金融と変わらない金利になったりもします。

下記に比較的審査が通りやすい金融機関をいくつかご紹介しておきますので、借り換え後に毎月の返済額がどれくらい減らせるか、確認してみて下さい。

< 担保・保証人不要の審査が通りやすいおまとめローン金融機関 >

下記の限定地域に当てはまる方は下記の審査も申し込んでみてください。

▼ 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住まいの方限定 ▼

  • 【首都圏キャッシングサービス】
    (限度額: 100万円~最大2000万円)
    審査に申し込む

▼ 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、静岡県、群馬県、山梨県にお住まいの方限定 ▼

  • 【ダイエットキャッシング】
    (限度額: 100万円~最大2000万円)
    審査に申し込む

債務整理を検討する

審査が通らずローンを1本化できなければ、一度専門家に債務整理の相談をしてください。

弁護士や司法書士といった債務整理の専門家であれば、お金がなくても無料で相談にのってくれる事務所も多いです。

債務整理は恥ずかしいことではありません。
不景気の今、あなただけでなく真面目に仕事をしている多くの方が借金で悩んでいます。

あなたの借金はあなた一人の責任ではありません。

下のリンク先で、債務整理費用が業界トップクラスの事務所が運営する借金減額シミュレーターを紹介しています。
オススメの借金減額シミュレータはこちら

こちらの事務所は減額報酬なし(または最低金額設定なし)、着手金も無料という、とにかく手数料が安く良心的な事務所です。
上記の借金減額シミュレータ経由で、あなたの借金がどれくらい減らせるか、また債務整理費用が相場よりも安くなるか見積もりをとって、確認してみてください。

定職がある方にとっては、債務整理後の生活は意外とデメリットも少なくストレスからも開放されるので、勇気を出して相談してみてください。

安心・安全な債務整理

まずは匿名で減額診断をして、どれくらい借金が減るか確認してください。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象になりません。
残っている借金のみ対象なので、早めの確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事