借金が減らない人の特徴と借金で苦しまない方法 - 借金問題について考える「サイムzero」

借金が減らない人の特徴と借金で苦しまない方法

借金が減らない人の特徴と借金で苦しまない方法
広告

借金で苦しまないで!

お金にルーズな人に、借金が多いのは仕方ありません。
しかし、家族のために真面目に働いていて贅沢していなくても、借金が膨れ上がることもあります。

筆者である私も妻一人、子供2人の夫ですが、家族やっと養える程度の安い給料のサラリーマン、ある日急に5万円も減給!!
転職しようかとも考えましたが、42歳の私を雇ってくれる会社なんてそんなすぐには見つかりません。。

ずるずると会社に残り、なけなしの貯金(200万円弱、、)で食いつなぎ、生活維持できない給料のまま、仕事は残業ばかりで忙しい、そんな生活におわれ、転職活動も進まぬまま、あっという間に 時間が経って貯金が底をつき、生活維持のための借金をしてしまいました。

年収が少ないので、当然借りれるお金も少なく、またすぐに借金を返すために新たな借金をすることになり、借金総額600万円程度にまで膨れ上がりました。

借金が増えて、切り詰めたした生活をしていると、イライラしやすく怒りっぽくなり、ちょっとしたことでも、子供にきつくに怒ってしまったり。。
家族に八つ当たりしてしまうと、後でとても後悔して精神的にも病んできます。。
妻との喧嘩が増え、関係もギスギス、気が付けば前のように笑いながら楽しく会話することもほとんどなくなってしまいましたね。

借金でお金に困っていると気持ちの余裕がなくなり、生活全てが楽しくなくなるんですよね。

しかしある時、ある方からアドバイスを頂き、調べてみると借金を減らす方法があることを知って、一気に気持ちが楽になったんです。
実は返せない借金は、真面目に全額完済しようなんて思わなくても良かったんです。

すぐに簡単にお金を借りる人は、借りたお金は必ず返さないといけない、と思っている人は少ないです。
このようなお金にルーズな人は仕方ないですが、真面目に働いているのに借金が膨れ上がる方、騙されて借金を背負った方には是非、自分の生活を犠牲にして無理をしないでほしいです。

既にご存知の方も多いと思いますが、借金を減額するその方法は「債務整理」です。

借金は減額できるんです

債務整理というと、ブラックリストに載って、いろいろ不都合のある「自己破産」を思い浮かべますが、保証人など誰にも迷惑をかけずに債務整理できる「任意整理」という手軽な方法もあります。

任意整理をして、借金の利息分を0にした方の場合、 返済ペースも落として、借金が膨れ上がるのを食い止めて、少しずつ借金を減らし、現状の収入のままでも完済できる目処が立ったので、生活も改善できて精神的にとても楽になったといいます。

債務整理をした人は、何年ぶりかに家族を遊園地やレストランに連れて行けたり、娯楽のための経済的、精神的ゆとりができるようになったそうです。

借金を0にするには、自己破産しかない!!

借金が大きすぎて、任意整理くらいでは完済の目処が立たない、そんな人は、全ての借金を0にする「自己破産」しかありません。

ただし自己破産すると、ブラックリストに載って、10年間はローンが組めません。
当然、携帯電話などのローン契約プランも組めなくなります。

また、官報に氏名や住所などが掲載されます。

マイホームや自動車などの資産は全て没収されます。
(※20万円未満の財産は手元に残すことが可能です。)

一定期間、一部の職業(士業、教育委員会委員、警備員、保険の外交官など)に就けなくなります。

滞納している税金は支払わなければいけません。
住民税や国民健康保険税などを滞納していても免除されません。

以上のことから、自己破産は最終手段として、信用を落とすのは最低限に、まずは任意整理などで復活を図りましょう。

借金が減らない人の特徴と「今やる」行動力

借金が増える人、減らない人の特徴ですが、よく言われるのが「だらしない人」、「見栄っ張り」など、下記のような特徴があげられます。

  • だらしのない人
  • 見栄っ張り
  • ウソをつく人
  • ズルい人
  • すぐやらない、後回しにする人

お金にだらしのない人が借金が多いのはうなずけますが、 真面目に生活していても、収入が減ったり、必要な収入が稼げていない、思わぬ借金を背負ってしまった、なんて気の毒な方も、景気が悪いせいか最近は多いようです。

そんな方は、一人で悩んで無理をせず、法律事務所に相談して債務整理をすることをオススメします。

債務整理すると借金が減額されるので、債権者に申し訳ないと、感じる方もいると思いますが、債務整理はあなたとあなたの家族を守る正当な法的権利です。
罪悪感を抱く必要はありません。

借金が減らない人の特徴として、やるべき事をすぐにやらない「後回し癖」があります。
これは、真面目な人でもよくある癖です。

「だらしない」、「見栄っ張り」など性格的な部分は直らないと言われていますが、後回し癖のような行動力にあたる部分は、あなた自身のモチベーションを変えるだけです。
「よし早速、明日やろう」ではなく、「今すぐやる」モチベーションが大切です。

おすすめの「借金減額シミュレーター」はこちら

過払い金返還請求して、少しでも借金返済の負担を和らげよう。
でも過払い金返還には時効がある。。

過払い金とは貸金業者に支払い過ぎていた利息のことで、いわゆる「グレーゾーン金利」のことです。
民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられないことを知っている諸費者金融などの貸金業者がこの「グレーゾーン金利」を利用して、利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきました。

消費者金融やクレジット会社から、平成19年よりも以前に借入していれば確実に過払い金が発生しています。

過払い金の戻ってくる金額は人によって全く違うので、一概に言えませんが、多い人だと、数百万円戻ってくるケースもあります。 だいたい目安としては、借入金額の10%と考えてください。

また、注意したいのが、過払い金返還の請求権には時効があり、債務の取引終了から10年です。
最終返済日から10年が経過すると、過払い金があったとしても、返還請求ができなくなります。

よく勘違いされるのが、借金の返済が始まって、過払い金が発生した日からではなく、過払い金を最後に支払った日からになります。
つまり、今も返済を続けていたり、まだ、返済できていない借金が一部残っていたりすると、時効期間すら始まっていません。

また、債権者からの取立てで、脅迫や暴行など違法行為があった場合は完済日から10年が過ぎていたとしても過払い金が請求できる場合(プラス3年の猶予)があります。

あなたの過払い金がどれくらいあるか、法律事務所で調べてもらえます。
時効が成立する前に過払い金を調べてもらいましょう。

法律事務所に早めに相談を!

前述したように、返済が困難な借金は全額返済する必要はありません!
あなたが普通の生活ができるように、法的に減額(債務整理)が認められているからです。

債務整理すれば、きつい取立てもすぐにストップできて、過払い金がどれくらいあるかも調べてくれるので、早めに法律事務所に相談されることをオススメします。

また、借金の減額対象は、既に返済した借金には適用されませんので、どれくらい減額できるか確認して、減額適用分を増やすため、また、延滞して返済額が増える前に、今すぐ確認しましょう。

ただ、法律事務所に相談する時に注意してもらいたいのが、全国には多くの法律事務所がありますが、親身になって相談に乗ってくれる良心的なな事務所は多くはないということ。
法律事務所も債務整理のサポートを商売としてやっています。
その中、あなたの借金を最大限に減額し、あなたの経済的負担を迅速になくすためには、良心的な法律事務所に依頼する必要があります。

そんなあなたにオススメしたいのが、下のリンク先で紹介している借金減額シミュレーターです。

おすすめの「借金減額シミュレーター」はこちら

借金問題は借金減額シミュレーターを利用すべし!

借金減額シミュレーターを使えば、匿名で気軽に借金の減額診断ができます。

ただし、借金減額シミュレーターを使っても、借金の返済額が0になることはありません。
借金減額シミュレーターは無理なく借金を完済できるように、法律事務所に相談、減額のアドバイスをしてくれるツールです。
借金を0にしたいのであれば、前述したように自己破産しかありません。

しかし、自己破産はデメリットも多く、保証人に大変迷惑がかかるため、自己破産したいと考えている方も一度、借金減額シミュレーターで診断して、どれくらい借金を減額できるか、相談することをオススメします。

借金減額シミュレーターの減額診断や相談は、もちろん無料。
さらに、匿名で利用できるのでお手軽です。

借金の減額は、既に返済した借金には適用されません。
減額適用分を増やすためにも、今すぐにシミュレーターでどれくらい減額できるか確認して、延滞などで返済額が増える前に、早めに対策をしましょう!

また、過払い金が発生しているか、時効が成立しているかも調べられますので、早めに診断、相談しましょう。

おすすめの「借金減額シミュレーター」はこちら

安心・安全な債務整理

まずは匿名で減額診断をして、どれくらい借金が減るか確認してください。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象になりません。
残っている借金のみ対象なので、早めの確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事