「サイムzero」

ギャンブルで借金が返せない人の末路

ギャンブルで借金が返せない人の末路

パチンコやスロット、競馬などのギャンブルを趣味として、毎月決められたお小遣いの中から楽しんでいる分には問題ありません。

しかし、生活費を稼ぐためや借金の返済のためにギャンブルをしてはいけません。

下記がギャンブルの還元率です。

  • 競馬→ 70%
  • パチンコ・スロット→ 80%
  • 宝くじ→ 45%

この還元率を見ると、やればやるほどお金が減っていく、というのが分かります。

おそらくギャンブルにハマっている人も、還元率が低いことは分かっていると思いますが、たまに勝てた時に記憶がギャンブルをやめられなくしている原因でしょう。

ギャンブルで借金まみれになっている人は、まずは冷静になってギャンブル中毒から抜け出してギャンブルを完全にやめることが先決です。

借金があるのにギャンブルしている人は、一生借金が返せない上、どんどん借金が増え続けます。

このままギャンブルで借金が増え続けるとどうなるか、今回ご紹介します。

借金の返済日に返済が間に合わないと?

借金の返済が期日までに間に合わないと、遅延損害金が発生し、金融機関などの債権者から催促の電話があります。

消費者金融の場合、金利18%、遅延損害金20%に設定されていることが多く、金利よりも高い遅延損害金が追加されるので、できるだけ早く返済しないと借金が増えていきます。

返済が間に合わないと分かった場合、返済期日までに債権者に連絡して利息のみの返済に変更できないか相談しておけば、遅延損害金の発生は免れます。
返済期日に間に合わないと分かったら早めに債権者に連絡しておきましょう。

借金の返済を無視していると?

催促の電話を無視していると、自宅に催促状や督促状が届きます。

この催促状や督促状も無視し続けると、自宅に訪問されたり、勤務先にまで催促の連絡が入ることがあります。
さらに、2ヶ月が経つとブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストに掲載されると、新たな借金ができなくなり、もちろんクレジットカードも作れません。

催促状や督促状を無視していると?

催促状や督促状も無視し続けると、3ヶ月後に一括請求の依頼書が届きます。

この一括請求も無視し続けると、裁判所から支払督促や訴状が届きます。

裁判所から支払督促や訴状も無視し続けると、「財産の差し押さえ」となり強制執行が実行されます。

マイホームやマイカーはもちろん、銀行口座や給料なども差し押さえされてしまいます。

給料は勤務先に対しての差し押さえの場合には、手取り金額の1/4(または「44万円以上であれば、33万円を差し引いた残額」)までしか差し押さえされませんが、預金口座への差し押さえの場合は全額が差し押さえされます。

借金を踏み倒して逃げ切る

マイホームやマイカーなどの財産がない人であれば、借金を踏み倒して逃げ切りたい、と考える人もいるでしょう。

実際、財産がない人は給料や預金口座の差し押さえくらしかできません。

預金口座があったとしても残高がほとんどなく、住所不定で定職にも就いていなければ、事実上差し押さえの強制執行は空振りに終わります。

しかし、債権者が裁判で勝訴、判決や支払督促が確定すると、時効は10年間です。

その10年の間に、再就職して得た給料や新たに賃貸物件を借りた際の敷金、親の遺産などのお金を突然差し押さえられる可能性もあります。

もちろんブラックリストに掲載されているので、新たな借金やクレジットカードも作れません。

時効が成立する10年間を逃げ切ればいいのか、というと、それも簡単なことではありません。

借金の時効を成立させるためには、下記の条件を全て満たす必要があります。

  • 債権者が10年間請求しなかった
  • 債務者が10年間支払いしなかった
  • 上記を満たして、内容証明郵便で時効援用通知書を貸主に送る

ただし、債権者により再度裁判を起こされ判決をとられると、その時点で時効がまた10年間延長されてしまいます。
(※住所が分からなくても債権者は裁判を起こすことができます。)

借金の時効が成立する仕組みについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

借金の完済や借金の時効を諦めて、一生逃げ続けるのはとても大変です。

まず住民票を移すと必ず居場所がバレてしまいますので、住民票は異動しないことになります。
そうすると、身分証明書は作れなくなり、児童手当や介護保険といった行政サービスも受けられなくなります。

重要な公的書類も届かなくなりますし、医療保険も使えないとなると、ケガや病気、事故などで医療サービスを受けられなくなるでしょう。

結婚や再就職も難しくなるでしょう。
(※ただし、生活保護は住民票に有無にかかわらず受けられます。)

普通の生活をしながら借金を踏み倒して逃げ切るのはとても難しいので、将来のことを考えて、返せない借金は早めに債務整理して再スタートすることをオススメします。

個人再生であれば借金を1/5~1/10にまで減額でき、自己破産であれば借金は0になります。

いずれの場合も10年間ブラックリストに掲載されるのであれば、借金を延滞して逃げ続けるよりも、早めに自己破産してやり直した方がいいでしょう。

債務整理後の生活保護も需給可能ですので、十分人生を立て直せます。
(※生活保護は需給中の債務整理は難しいので、必ず債務整理を先に行いましょう。詳しくはこちら。)

財産の差し押さえをされないためには?

借金の返済はできないけどマイホームやマイカーを差し押さえられないようにするためには、できるだけ早く借金の任意整理を行う必要があります。

任意整理は債務整理する借金を選択できるので、住宅ローンやマイカーローン以外を任意整理すれば、差し押さえられることはありません。

任意整理では利息分のカットや支払い期限の延長、元金の減額などの交渉が行われます。

金融機関などに個人で交渉するにはハードルが高いので、弁護士や司法書士といった専門家に依頼することになります。

任意整理の手数料が安く済む事務所が運営する借金減額シミュレーターを こちらのページで紹介 していますので、まずは相談して見積もりをとってみてください。

信頼の実績と安心な債務整理

まずは匿名で減額診断して、どれくらい借金を減らせるか確認しておいて下さい。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象になりません。
残っている借金のみ対象なので早めの確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事