任意整理をしない方がいい人の選択肢。意味のない任意整理は逆に苦しくなる。 - 借金問題について考える「サイムzero」

任意整理をしない方がいい人の選択肢。意味のない任意整理は逆に苦しくなる。

任意整理をしない方がいい人の選択肢。意味のない任意整理は逆に苦しくなる。

借金がきつい、返せない、となってしまった方は債務整理を検討されていると思います。

債務整理には「自己破産」や「個人再生」、「任意整理」があります。

自己破産は借金を0に、個人再生は大幅(1/5)に借金を減らすことが可能ですが、保証人を立てている借金の場合、支払い義務が保証人に移行してしまい、大変迷惑をかけてしまします。

また、自己破産ではマイホームやマイカーなどの財産は没収されてしまいます。

債務整理する借金を選択できる「任意整理」であれば、財産を残したり、整理する借金を選択することで保証人に迷惑をかけずに債務整理することが可能です。

任意整理では将来利息のカット、借金の元金減額交渉、長期分割返済による毎月の返済金額減額などを行い、返済が苦しくないように債権者と交渉します。

しかし、任意整理をしても意味がない、逆に生活が苦しくなるなど、任意整理をしない方がいい人もいるので注意が必要です。

安定した収入がない

任意整理は必ず返済計画通りに返済していく必要があります。

将来の安定した収入が見込めない、返済していく自信がない場合も任意整理はしない方がいいでしょう。

任意整理は安定した収入が見込める方の手続きですので、そもそも無職の方や仕事を辞める予定のある方には向いていません。

無職の方や、この先安定した収入が見込めない方は自己破産を検討してください。

自己破産の相談は着手金や基本報酬が安く、減額報酬なし(または最低金額設定なし)の手数料が安い事務所が運営する こちらの借金減額シミュレーター から相談するのがオススメです。

借金が多すぎる

任意整理は基本的に将来の利息分カット、今までに発生した遅延損害金のカット、分割払い期間の延長です。
交渉は行われても、元金の減額の可能性は低いです。

借金が多すぎる場合、利息カット、返済期間を延長などをしても毎月の返済額が十分減らないこともあります。
(※そもそも任意整理は、原則として3~5年で元本分の返済を完了させることが条件です。)

このような場合は任意整理をしても意味がありません(というか任意整理自体ができません)ので、専門家に相談しながら個人再生や自己破産を検討してください。

自己破産や個人再生の相談は着手金や基本報酬が安く、減額報酬なし(または最低金額設定なし)の手数料が安い事務所が運営する こちらの借金減額シミュレーター から相談するのがオススメです。

約5年間ブラックリストに

任意整理をすると約5年間ブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストに載ると、新たなローンや借入れはできなくなり、クレジットカードは持てなくなります。
ただし、使用したら口座残高からすぐに引き落とされるデビッドカードであれば、ブラックリストの方でも持つことが可能です。

また、携帯電話の機種本体の分割払いが残っている場合も、強制解約される可能性があるので注意が必要です。

ブラックリストに載っていても、携帯電話の契約は可能です。
機種代金の月賦支払いも、クレジットカードなど審査に比べて緩く、可能なケースもあります。
既に機種代金の月賦支払いが完済していなかったり、携帯代の滞納があったりすると、月賦払いはできません。

また、今後新たな借入れが必要になる方は、ブラックリストに載っても大丈夫なように、家族や知人に名義を貸してもらえるよう相談しておくしかありません。

ブラックリスト以外のデメリットがクリアできても、任意整理で返済していく自信がなければ、その他の債務整理を検討した方がいいかもしれません。

任意整理が向いている人は?

任意整理が向いている人は、将来安定した収入が見込めて、減額された借金を計画通りに返済していける人です。

任意整理で、利息や遅延損害金のカットや返済期間の調整を行っても、毎月の返済が厳しい場合には、元金を減額する「個人再生」を検討することになります。

現状どれくらいの借金が減らせて、毎月の返済金額がどれくらい減額できるか、また、任意整理か個人再生かどちらが向いているか、借金減額シミュレーターで確認してみてください。

借金減額シミュレーターを利用するには、債務整理の専門家である弁護士や司法書士が運営する借金減額シミュレーターがオススメですが、実際に債務整理を依頼することになった場合には債務整理費用(手数料)が必要になります。

債務整理費用は事務所によってまちまちで、中には不明瞭な記載で後から別途手数料として事前に確認していない名目で請求してくる事務所もあります。

また、債務整理費用は着手金と基本報酬以外にも、過払い金があった場合、減額金額の割合で請求される「減額報酬」というものを設定(正確には減額報酬の最低金額)している事務所もあり、借入業者が多い方は債務整理費用が高くなる可能性があります。

(参考:借金減額診断の罠・・・。本当に使って大丈夫??実際には・・・

減額報酬もなく(または最低金額設定なし)、報酬額が業界トップクラスで着手金も無料という、とても良心的な事務所が こちらのページ で紹介している借金減額シミュレーターを運営しており、他の事務所より手数料が安く済むためオススメです。

借金がどれくらい減額できるか、債務整理費用(手数料)がどれくらいかかるかも事前に簡単に確認できるので、一度シミュレーター経由で相談してみて下さい。

もちろん全国対応で、相談するだけなら何度でも無料なのでご安心ください。

安心・安全な債務整理

まずは匿名で減額診断をして、どれくらい借金が減るか確認してください。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象になりません。
残っている借金のみ対象なので、早めの確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事