借金減額シミュレーターはリボ払いにも対応。でもデメリットも。。 - 借金問題について考える「サイムzero」

借金減額シミュレーターはリボ払いにも対応。でもデメリットも。。

借金減額シミュレーターはリボ払いにも対応。でもデメリットも。。

借金が苦しい方の間で話題の、¥借金減額シミュレーターは、もちろんリボ払いも減額してくれます。

借金減額シミュレーターは「借入件数」、「借入総額」、「返済年数」などを入力して、現在の借金がどれくら減額できるかを診断してくれるものです。

しかし、借金減額シミュレーターが提示する減額金額は債務整理を行った場合ですので、債務整理の種類「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」によって減額金額は変わってきます。

リボ払いも減額できる

借金減額シミュレーターは前述したように、債務整理することによる借金の減額金額を提示してくれるものです。

債務整理で減額できる借金は、

  • リボ払い(ショッピング含む)
  • 消費者金融
  • カードローン
  • キャッシング

です。

未払いの税金や住宅ローンは減額できません。

住宅ローンの支払いが苦しい方は自己破産によって借金をに0にする方法しかありませんが、自己破産するとマイホームは没収されてしまいます。

住宅ローンの支払いに困っているけど、マイホームは手放したくない方はこちらをご確認ください。

リボ払いを減額するデメリット

リボ払いを減額(債務整理)するとブラックリストに登録され、5年間は新たな借金ができなくなります。
当然クレジットカードも作れなくなりますし、現在利用中のクレジットカードも使えなくなります。

また、車やバイク、宝石やパソコンなどの高額な商品を分割払いで購入し、その支払いが完全に終わっていない場合(分割払い中の場合)、その商品が引き上げられる可能性もあります。

リボ払いの任意整理

毎月の返済(リボ払い)で利息分しか減っていない人やこのまま払い続けて5年以内に完済するのが難しい人は任意整理を検討してください。

実はリボ払いの債務整理には、任意整理が向いています。

リボ払いの利息は年率15%程度高いため、遅延損害金や利息分のカット、減額される任意整理を行えば、月々の支払いたとても楽になるからです。

ただし任意整理では元金は減額されないため、遅延損害金、利息分のカットや減額で毎月の支払いが継続できない場合は、さらに返済期間を延ばして毎月の支払い額を減らすよう交渉します。

それでも毎月の返済が継続できないようであれば、元金を大幅に減らせる「個人再生」を検討することになります。

任意整理か個人再生か、まずは専門家に無料相談してみましょう。

手数料の安い弁護士や司法書士事務所が運営する借金減額シミュレーター から、一度匿名で相談してみてください。

借金減額シミュレーターは、どこの事務所が運営するものを使っても、債務整理によって減額できる金額は基本的に同じです。
ただし、債務整理手続きを依頼する手数料は、事務所ごとに異なります。

債務整理費用(手数料)は「日本弁護士会連合会」によって、上限が予め定められていますが、借金の減額金額の割合で定められている項目もあるため、借入状況によっては手数料に大きな差が出ることもあります。

こちらで紹介している減額シミュレーターを運営する事務所は業界トップクラスのリーズナブルな手数料として、その理由も紹介していますので確認してみてください。

あなたの借金、返さなくてもいいかも知れません!

まずは匿名で減額診断をして、どれくらい借金が減るか試してみてください。
ネットで減額診断はこちら(匿名)

借金減額は支払い済みの借金は対象になりません。
残っている借金のみ対象なので、今のうちにまずは減額診断だけでもしておきましょう。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事