債務整理のメリット・デメリットは?です。債務整理相談・おすすめ法律事務所。

債務整理のメリット・デメリットは?

  •   >  
  • 債務整理のメリット・デメリットは?

債務整理をすると年金の受給ができなくなるとか戸籍に傷がつくとか言われることがありますが、そんなことは一切ありませんのでご安心ください。また、会社を解雇されることも基本的にはありません。
しかし、債務整理にはもちろんデメリットもあるのも事実ですので、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で行ってください。
債務整理には主に「自己破産」、「任意整理」、「個人再生」などがあり、それぞれのメリットとデメリットが異なります。
あなたにどの債務整理が向いているのか、そのメリット・デメリットを債務整理の種類別にご紹介します。

任意整理

メリット

任意整理をするメリットについては、あまず、将来にわたり利息がカットされるように交渉されるため、返済額を大きく減る可能性があります。
また、任意整理も債務の取り立てを法的にストップでき、精神的にも楽になります。
自己破産と違い、持ち家は守ることができるため、持ち家がある場合は任意整理がオススメです。

また、債務に保証人を立てている場合は「個人再生」、「自己破産」は保証人に迷惑がかかりますが、任意整理の場合は整理する債務が選択できるため、できるだけ保証人に迷惑をかけないような債務整理が可能です。保証人を立てている場合は「任意整理」がおすすめです。(※任意整理は保証人を立てていない債務のみを整理対象にできます。)

デメリット

任意整理のデメリットは、信用情報や官報に掲載され、数年間はローンなどの審査に通りにくくなります。
メリットでもご説明していますが、保証人を立てていない債務のみを整理することで保証人には迷惑をかけないことが可能ですが、保証人を立てている債務も多額のため整理したい場合は多少、保証人にも迷惑がかかります。

任意整理のメリット・デメリットについては下記で、詳しく解説していますのでご覧ください。

任意整理のメリット・デメリット

広告

個人再生

民事再生には「民事再生」と「個人民事再生」があります。
ここでご紹介する個人再生は「個人民事再生」のことで、企業や自営業の方ではなく主に個人の方を対象として手続きが簡略化された民事再生のことをいいます。

メリット

個人再生の大きなメリットは、借金の総額を5分の1まで免除されるということです。(限度100万円)
免除された借金の返済も最長5年まで分割できるので支払も楽になります。
また、持ち家も守れ、債務の取り立ても法的にストップできます。

デメリット

個人再生をするデメリットについては、信用情報、官報に数年間掲載され、その間はローンが組めなくなります。
また、手続きに時間がかかり、他の債務整理と比べて費用が高額になります。
連帯保証人を立てている債務の場合、その債務は連帯保証人が全て支払わなくなってしまうため、保証人に大変迷惑がかかります。保証人をたてている場合、個人再生はお勧めできません。

個人再生のメリット・デメリットについては下記で、詳しく解説していますのでご覧ください。

個人再生のメリット・デメリット

自己破産

メリット

自己破産をするメリットについて、一番大きいのは債務が全て免除される、つまりどんなに借金があっても全て0にできてしまいます。
また、同時に債務の取り立ても法的にストップされるので人生の再スタートが可能です。

デメリット

自己破産のデメリットは、持ち家や車などの資産が没収され、ブラックリストや官報に掲載され、ローンなどが一切利用できなくなることです。
一部の商売にも就けなくなる期間があります。
また、連帯保証人を立てている債務の場合、その債務は連帯保証人が全て支払わなくなってしまうため、保証人に大変迷惑がかかります。保証人をたてている場合、自己破産はお勧めできません。

自己破産のメリット・デメリットについては下記で、詳しく解説していますのでご覧ください。

自己破産のメリット・デメリット

広告

お金がなくても債務整理できます!

まずは相談無料の法律事務所にご相談ください。
おすすめの債務整理・相談無料の法律事務所はこちら

【ご注意!】下記に当てはまる方は相談いただいても解決できない場合があります。

  • 個人間の借金の場合。
  • ご本人以外からの相談。
  • 差し押さえ解除だけのご相談。
  • 税金滞納などのご相談。
  • 法テラスや他の事務所に依頼中の方。
PageTop