自己破産しても住宅ローンは組める? (更新日: 

自己破産しても住宅ローンは組める?

自己破産してから10年間は住宅ローンは組めない可能性があります。
それは信用情報(ブラックリスト)に載る期間が5~10年間だからです。

信用情報に載っている間は住宅ローン以外の他のローン、クレジットカードなども組むのは難しいでしょう。

債務整理には主に3種類「自己破産」、「任意整理」、「個人再生」がありますが、他の「任意整理」、「個人再生」も同じく信用情報に掲載され、各種ローンやクレジットカードなどは通らなくなります。

信用情報は、銀行系の「一般社団法人 全国銀行協会」(JBA)(KSC)と消費者金融系の「指定信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構」(JICC)、クレジットカード系割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)がそれぞれ情報を共有しており、自己破産手続き完了後、CICとJICCは最高で5年間、KSCは最高で10年間、情報が掲載され続けるため、5~10年間は各種ローンなどが組みにくくなります。

自己破産後、住宅ローンを通すには?

妻の名義で組む。

妻の収入がそれなりにある場合は、妻の名義で住宅ローンを申し込めば通る場合があります。

3回以上引っ越し住所を変更する。

破産してから3回引っ越しをして住所が3回以上変わると信用情報(ブラックリスト)に名前が出てこないことがあるという噂がありますが、この情報は間違いです。

ブラックリストで本人特定に使われるのは「氏名」「生年月日」「電話番号」「住所」「勤務先」の5つのうち3つが合致していれば本人と特定されます。

「生年月日」は変更できませんし、「氏名」も結婚でもしない限り、そう簡単には変更できません。

住所も転居して間もない場合は、ローンを申し込む際に必ず前住所を聞かれます。

また、信用情報は俗にブラックリストと言われていますが、勤務先の情報やローンの情報、公共料金等の支払い情報などの個人情報が誰でも掲載されているものです。

自己破産などの債務整理やローンの延滞や滞納などをすると、この信用情報に「事故情報」として記載されます。
ブラックリストとは正確には信用情報に事故情報として掲載されてしまうことを言います。

つまり、住所や電話番号などを変更することにより信用情報で履歴が照合できな状態は、融資審査担当者に一番怪しまれ慎重に審査されることになります。

他行の銀行口座を作り、健全な貯蓄をする。

自己破産後、5年が経過している場合でも住宅ローンは通りにくいので、少しでも通りやすくするためには、自己破産などの債務整理をした銀行口座とは関連性のない銀行で新たに口座を開設し、定期的に確実に貯蓄を行う事が重要です。

その健全な貯蓄がある銀行で住宅ローンを通すと通りやすくなるようです。

但し、ここで注意が必要です。
一度、住宅ローンの審査で落ちてしまうと他の銀行でも審査が通りにくくなります。

住宅ローンの審査を申し込む前に信用情報(ブラックリスト)から自分の情報が消えているか必ず信用情報機関に開示請求を行い、確認しましょう。

信用情報機関の開示請求のページはそれぞれ下記になります。

また、高額な住宅ローンは通常でも審査が厳しいものですので、ブラックリストに掲載されていることが原因でない場合も考えられます。

主に金融機関が融資を行う際に評価される項目は下記の通りです。

  • 完済時年齢
  • 健康状態
  • 担保評価
  • 借入時年齢
  • 年収
  • 勤続年数
  • 連帯保証
  • 金融機関の営業エリア
  • 返済負担率
  • 融資可能額(融資率)(購入の場合)
  • 雇用形態
  • 融資可能額(融資率)(借り換えの場合)
  • 国籍
  • 他の債務状況や返済履歴
  • 申込人との取引状況
  • 業種
  • 家族構成
  • 雇用先の規模
  • 所有資産
  • 性別
  • その他

(※重要度順)

どうしても住宅ローンを通したい場合は、一度弁護士や司法書士に無料相談してみましょう。

信頼と実績の借金減額相談

まずは匿名で減額診断して、どれくらい借金が減らせるか確認して下さい。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象にならないので早めに確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事