ヤミ金から借り逃げしない、返済不要の解決方法。 - 借金問題について考える「サイムzero」

ヤミ金から借り逃げしない、返済不要の解決方法。

ヤミ金から借り逃げしない、返済不要の解決方法。

いわゆる「闇金」と言われる悪質業者は、実在する企業のロゴや会社名を不正に使用したDMやホームページを作って、「審査不要」、「低金利」などの極端な好条件を謳って、多重債務で審査が通りにくい人に融資を勧めてきます。

ここでは、そんな闇金とは知らずにお金を借りてしまって、厳しい取り立てに悩んでいる方に最善の解決策をご紹介します。

一刻も早く安心できる生活を取り戻してください。

ヤミ金(違法金融業者)からの借金は返済不要

ヤミ金(違法金融業者)からの借金を債務整理するこは可能でしょうか?
結論から言うとヤミ金は債務整理できません。

それは、ヤミ金は出資法に違反し異常な高金利で貸し付けを行っている、そもそも貸付自体が無効で違法業者だからです。

つまり違法業者相手に債務整理はできませんが、そもそも貸付業自体が違法なので法的には利息はもちろん、借りたお金(元金)すら返済する必要はありませんし、すでに返済したお金も取り返せます。

ただ、違法なヤミ金業者の場合は返済が滞ると勤務先や自宅にまでおしかけ、違法な取り立ても気にせず行ってきます。
貸付自体が違法で一切返済する必要はないと分かっていても強引な取り立てにあい、精神的に追い込まれていきますのでなかなか個人で対応するのは難しいでしょう。

脅迫や暴力にまでエスカレートする危険もありますので、すぐに警察に相談してください。

ちなみに借金ばかりして多重債務に悩む方、「自己破産者でもお金を貸せます」とか「借金一本化」などと甘い謳い文句で誘ってくる業者はヤミ金業者の可能性が高いです。

また、出資を誘う儲け話も要注意!
世の中そんなに甘い話はないので地道に貯蓄することをお勧めします。

最近多くなってきた、ソフト闇金とは?

ソフト闇金とは、基本的に従来のイメージの闇金と同じ違法な金融業者のことを言いますが、従来の闇金のように脅迫まがいの取立てを行わずに、優しく親身に対応してくれる違法金融業者のことを言います。

従来の闇金と同じく、行政へ賃金業としての届出を行っておらず、違法な金利で貸し付けを行なっているので、法的には従来の闇金と何ら変わりはありません。

平成22年6月18日に貸金業法が改正、施行されたことをきっかけに、ソフト闇金という形に変えてきました。

ソフト闇金は警察からの取り締まりを逃れるため、債務者に親身になって対応してくれ、返済が遅れそうな時も融通をきかせてくれたり、取立て自体が厳しくありません。

しかしソフト闇金は、一般的な消費者金融で借入ができない人をターゲットとし、違法な高金利で貸付けする従来の闇金と構造上何ら変わりありません。

また、返済できないことが分かると、急に手のひらを返したように、厳しい取立てを行ってくるケースも少なくありません。
家族や職場にまで連絡がいき、危険も及びます。

別のソフト闇金を紹介され、借金地獄から逃れられないようにすることもあります。

「ブラックリストに載っていても融資可能」とか、短い返済期間で高金利であったり、担当者から電話連絡はいつも携帯電話から、というようなことがあればソフト闇金の可能性が高いでしょう。

そもそもブラックリストに載っていたり、通常の消費者金融の審査で落ちてしまうような方は、絶対に新たな借金を作らないことが最善策です。

このような方は、まず現状の闇金以外の借金を減らすことを考えてください。

闇金からの借金は返済義務自体がないので、逃げることを考えずに、警察に相談してください。

もし警察の対応が遅い場合は、闇金を得意とする弁護士事務所や司法書士事務所に相談してみるのもいいでしょう。

闇金からの借入は対応できない事務所が多い中、ウイズユー司法書士事務所は積極的に対応してくれるようです。

また、闇金以外の通常の借金は減額できる可能性が高いので、WEB上で匿名で利用できる無料の借金減額シミュレーターでどれくらい借金が減らせる、試してみることをオススメします。

おすすめの借金減額シミュレーターはこちらでご紹介しています。

過払い金が発生しているか、時効が成立しているかも調べられますので、早めに診断、相談してください。

また、債務整理は、既に支払った借金は対象になりません。
減額対象になるのは、まだ支払っていない将来支払う借金のみになるので、
無駄なお金を支払わないために、できるだけ早く減額診断することをお勧めします。

安心・安全な債務整理

まずは匿名で減額診断をして、どれくらい借金が減るか確認してください。
減額診断はこちら

支払い済みの借金は減額対象になりません。
残っている借金のみ対象なので、早めの確認を。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY

関連記事